大阪府の通信制高校のおかげで希望する進路を選べそうです

通信制でも看護学校が目指せると知り、進学することを目標にした

大阪府でおすすめの通信制高校はこちら | 大阪府東大阪市にキャンパスがある通信制高校・サポート校一覧

中学2年生のときに仲良かったグループで嫌がらせされ不登校になった | 両親が通信制高校を勧めてくれました | 通信制でも看護学校が目指せると知り、進学することを目標にした

スクーリング授業に関しては不安が強かったのですが、初めて校舎に行ったとき、最初は緊張していたけれど帰る頃には問題なくなっている自分に気づくことが出来たのです。
中学校は教室にいることが苦痛で仕方がなかったのに、通信制高校は知っている人がいないからなのか、色々な境遇の人が集まっているからなのか安心出来ました。
2回目のスクーリングに参加したときには同じ学年だけど年上の女の子から話しかけてもらうことが出来、友達になることも出来たのです。
通信制はひとりで黙々と勉強するようなイメージを持っていましたが、友達が出来てからはときどき連絡を取って勉強のことを聞いたり雑談したりすることが出来ました。
希望する進路が選べるようになったことも嬉しかったです。
以前から看護師になりたいという夢があったのですが、中学校に通えなくなった時点で諦めていました。
ですが、通信制でも高校を卒業したことには違いがないので看護学校が目指せると知り、進学することを目標に頑張ることにしたのです。
自分で通ったり調べたりするまでは高校の代わりに行くだけで、更に大学や専門学校へ進学することは難しそうだというイメージを持っていたのですが、全く違っていたので通信制を選ぶことにして正解だったと思っています。
自分だけの力ではこの進路を選ぶことが出来なかったはずですが、両親の心強いサポートなどのおかげで夢を諦めずに済みそうです。
学校に行けなくなったときには人生が終わってしまったかのように真っ暗闇にいる感覚になりましたが、今では明るい光が見えています。
これからも自分が希望する進路が実現出来るように、大阪府の通信制高校で努力していこうと思っています。